やわたの黒香醋

やわたの黒香醋にんにく3つのポイント

1.アミノ酸たっぷりの黒香醋
元気と若々しさを保つためにはアミノ酸が欠かせません。やわたの黒香醋は中国の伝統製法。熟練の技と長年の経験によって生まれました。モチ米とモチ穀と小麦の糖を主な原料とし、酒の醸造、酢の熟成、ろ過という工程で醸造されます。約9カ月もかけて完成される香醋。さらに濃度が高い一番搾りだけを使用するため、アミノ酸と有機酸が豊富に含まれます。
日本の食酢とくらべて、アミノ酸は18倍、有機酸は1.45倍多く含まれます。

2.栄養の宝庫、黒にんにく
やわたの黒香醋にんにくは数あるにんにくの中から、青森産の福地ホワイト六片を使用。
さらに、約1ヵ月熟成させることにより、ポリフェノール、アミノ酸、タンニンの量が増え、アミノ酸は白にんにくの約1.3倍。ポリフェノールは約5倍。

3.1日2粒の健康法
「よく寝たはずなのに、疲れがとれない。」
「運動したいのに、身体がついてこず楽しめない。」

いつでも元気に過ごしたいのに、どんよりの時ってありますよね。
にんにくや黒香醋は身体にいいって知っていても、臭いや味が強いのでなかなか食せません。
でも、やわたの黒香醋にんにくは飲みやすいソフトカプセルだから手軽に摂れますね。

2017年3月25日 やわたの黒香醋 はコメントを受け付けていません。 未分類